株式投資の基本戦略バリュー投資とグロース投資を分かりやすく説明してみた

グロース投資は成長株に投資する方法でバリュー投資は割安株に投資する方法です。

株式投資

こんにちは!不労所得を目指す管理人です。

皆さんが不労所得と聞いて真っ先に思いつくのは株を買って配当とキャピタルゲインだけで生活することではないでしょうか?

株式投資を行うには、はじめに投資戦略に関するそれなりの知識が必要です。インデックス投資以外は、適当に株を買えばいいというものではありません。というわけで今回は株式投資で行われている基本的な投資戦略グロース投資、バリュー投資について説明します。

グロース投資とは

グロース投資とは、成長株に投資する方法です。これは一体どういうことかというと世間のみんなが注目している株に自分も乗っかって投資するという方法です。

例えばFacebook社の株式が人気で、すごい値上がりをしている場合を想定してください。この場面では投資を行う多くの人がFacebook社に期待を寄せているということになります。ここで考えられるのは小さなバブルみたいなものが起きていて、それが弾けるのではないかという不安です。グロース投資では、このような状況で更に成長することを予測して投資を行う戦略です。

なぜやるのか

グロース投資を行う場合、その銘柄がこれからも上がり続けると言う予測に基づいています。理論的には割高でも、その銘柄がさらに成長すると予測した場合は、グロース投資を行います。

メリット

グロース投資のメリットは、銘柄選択が簡単に出来ることです。成長している銘柄はメディアにもてはやされることが多いので、情報収集には困りません

デメリット

デメリットは、その商品が割高だった場合、高値で買ってしまう可能性があることと、みんなその銘柄で利益を上げているので相対的には儲かっていない事があることです。

バリュー投資とは

バリュー投資とは、割安に評価されている株を買って利益を上げる方法です。過小評価されている株を早く見つけて、他の人がその価値に気づいた時に高値で売ると言う方法です。

なぜやるのか

理論的に株式は、会社の価値を分割したものなので、もし100万円分の資産を持つ会社が株式を発行していたとしたらその株式時価総額は100万円になるはずです。しかし実際の市場では、これが必ずしも成り立っていません。100万円の価値があるのに市場の評価が低かったり高かったりする銘柄があるのです。

本当は1000万円稼ぐ力があるのに世間は「500万円しか稼がないだろう」と評価しているときに真の価値を見極めて投資する方法です。

メリット

バリュー投資は、過小評価されている銘柄を選ぶので、メディアに惑わされずに他の人と違う行動をする勇気が必要です。他の人が気づかない銘柄に投資したので、その銘柄が成長すれば自分だけ利益を上げることができます。

デメリット

デメリットは、割安の株を探してくることが非常に難しいことです。理論的に割安の評価ができても、その価格になった全ての要因を考慮しているとは言い切れません。

グロース投資とバリュー投資を分かりやすくプロ野球選手に例えて説明していきたいと思います。

グロース

グロース投資は、甲子園で大活躍した大物ルーキーに投資するような方法です。この選手は世間のみんなが注目しているのである意味割高の銘柄だということができます。この選手の投資結果は、期待に応えて割高で買った以上の成長をしてくれるか期待に応えずただの高い買い物になるかの二択です。

例えば、大谷◯平選手は割高の期待に応えたグロース投資の成功例と言えるでしょう。逆に高卒スーパールーキーとして注目されてもプロで活躍できない選手も存在します。グロース投資は、このような人気株の中からスーパースターの中のスーパースターを見つける投資戦略です。

バリュー

バリュー投資は、才能のある無名の選手に投資する方法です。高校の時には無名だったが、プロに入ってから大活躍する選手のパターンです。本当は甲子園で活躍するような実力があるが、チームが勝ち進めなかったためにあまり注目されず、割安に評価されている選手に投資するような方法です。

この選手は実力があるにもかかわらず、相応の評価がされていないという事が言えます。バリュー投資では、このような選手を高校のうちに見つけ出し、プロで活躍するまで育てるような投資戦略です。無名の選手を応援しているとき、周りからはあまり理解してもらえません。しかし、真の実力を知っているあなたは周りに流されてはいけません。自分の判断を信じてその選手を応援することができる人はバリュー投資の才能があります。

まとめ

グロース投資は、成長している銘柄に投資して更なる成長にかける投資戦略です。バリュー投資は、割安で過小評価されている銘柄に投資して世間がその本当の価値に気づくのを待つ投資戦略です。

以上が株式投資の基本戦略グロース投資とバリュー投資の説明でした。これを頭で理解しているだけでも銘柄選択におけるストーリーが見えてくるのではないでしょうか?