プログラミング

ブログの収入源を増やす?仮想通貨でマネタイズ出来るCoinhiveを使う方法

Coinhiveとは

こんにちは!不労所得を目指す管理人です。

Coinhiveというサービスがアフィリエイトに代わる新たなマネタイズ方法として注目を集めていることをご存知ですか?

今回はこのCoihiveというサービスについて紹介していきたいと思います。

広告が邪魔!!

あなたはWebサイトを見ている時にこんなことを思ったことはないですか?

そもそもWebサイトに広告がなぜのっているのかと言うと、サイト運営のために広告収入を得るためです。Webサイトを運営するということはそれなりにコストがかかります。サイトを運営して何か情報を発信したいという気持ちがあっても、サーバ費用などのコストを支払えないとWebサイトは運営できません。

よって何かしらの方法でサイト運営者はマネタイズする必要があります。

そこで必要になるのがあの広告です。今までWebサイトを無料で運営するためには、広告をWebサイトの一部に貼り付けて広告収入を得るしかありませんでした。

そんな中、Webサイト運営者にとって画期的な新サービスが発表されました。それがcoinhiveです。

邪魔な広告の代わりにマイニング

https://coinhive.com/

CoihiveWebサイトを訪れたユーザーに仮想通貨をマイニングしてもらうことによって、サイト運営者に収益が発生する仕組みです。

仮想通貨とは、要はビットコインとかのことでブロックチェーンという技術によって作られた通貨の総称です。マイニングというのはその通貨をゲットするための一種の手段だと思っていてください。

Coinhiveの具体的な仕組みは、webサイトを閲覧しているユーザーのPCのパワーの一部を借りて、Moneroという仮想通貨をマイニングすることによってサイト運営者に収益が発生します。採掘したMoneroの70%がサイト運営者に支払われ、30%がCoihive運営に支払われます。

例えば、100人サイトを閲覧してくれている人がいたとします。一人当たり0.1Moneroをマイニングしてもらって合計10Moneroを獲得したとします。この場合7Moneroはサイト運営者の取り分となり3Moneroはcoinhiveの取り分となります。ユーザーはWebサイトを閲覧した際の一種の手数料としてマイニングを行います。

Coihiveは、ユーザーが邪魔な広告を見なくて済むようにということを目的に開発されました。もしcoinhiveだけでサイトの運営費が稼げるようになれば、Webサイト運営者はあの邪魔な広告を取り外すことができます。正直Webサイトを運営している身からしても、広告はデザイン的に邪魔になる場合もあるので、出来るだけ使わない方が綺麗なサイトになるのです。

問題点

マルウェアとして扱われる

Coihiveは、他人のPCを使用して仮想通貨をマイニングする方法です。一部のブラウザやウイルス対策ソフトでは、マルウェアとして扱われることもあり、ブロックされてしまいます。

逆に、Coihive自分のパソコンを使われたくないという人は、ウイルス対策ソフト等を入れることによって、対処することができます

まとめ

Coihiveは、アフィリエイト広告に代わるWebサイトのマネタイズ手段である一方、ユーザーのパソコンのパワーを使用するという点でまだ問題は残っています。

新しいサービスなので今後の展開に期待です。

ABOUT ME
gitackt
温泉と餃子が好きです。