プログラミング

お名前ドットコムで取得した独自ドメインをawsのec2サーバに割り当てる方法

「ドメイン取った!サイト作るぞ!」と思っても、ドメインをサーバに紐つける方法を知らないと、具体的にどうやってサーバに紐付けていいのかわからない!という問題が発生します。今回はお名前.comで取得したドメインをawsのec2サーバに紐付ける一番簡単な方法をご紹介したいと思います。

一番簡単な方法

Awsでドメインを紐付ける方法は多々ネットで紹介されていますが、それらはroute 53というサービスを使ってネームサーバをAWSに移行しろという内容が多いです。しかし、ネームサーバはお名前ドットコムのままでドメインを紐付ける簡単な方法も存在するので、今回はその方法についてご紹介します。

aws側の処理

まずはaws側で行う操作です。ec2のインスタンスは止めたり起動したりするたびにipアドレスが変わってしまいます。この状態ではドメインと特定のipアドレスを紐付けることはできないので、まずはec2サーバに固定のipアドレスを与えるという作業が必要になります。

Elastic ip 

AWSのサービスには、elastic ipというものがあります。elastic ipは固定のipアドレスであり、これをインスタンスに紐付けることによってインスタンスの停止起動に伴うipアドレスの変更に左右されずに一つのipアドレスをインスタンスのアドレスとして使うことが出来ます。

awsのコンソール画面からec2のダッシュボードに行きます。すると左のメニュー一覧のところにElastic IPと言うものがあるのでクリックしてください。(セキュリティグループの下です)

するとElastic IPの設定画面に移動するので、そこから新しいアドレスの割り当てをクリックします。Elastic IPアドレスを紐つける対象のインスタンスの候補一覧が出現すると思うので、紐つけたいインスタンスを選択してElastic IPを作ります。

すると今生成されたIPアドレスがElastic IPの項目に表示されます。これが以降このインスタンスに割り当てられた固定のIPアドレスとしての役割を果たします。この画面でサーバのIPアドレスを確認できると言うことを覚えていてください。

お名前ドットコム側の処理

続いてお名前.comのサイト側の操作に移ります。お名前.com Naviにログインしたら、ドメイン機能一覧のボタンをクリックして、

DNS関連機能設定の項目を開きます。

すると保有するドメインの一覧が表示されると思うので、今回使用したいドメインを選択して次の画面に進みます。

下の方にスクロールしていくとDNSレコード設定を利用すると言う項目があるので、設定するボタンを押してください。

次の画面でこのような入力欄が現れます。ここのVALUE項目に、先ほどawsのコンソールで確認したElastic IPの値を入力して行きます。(ドットで区切られた桁数づつ、一つのテキストボックスに入力する) 入力が完了したら追加ボタンを押して、下の方にある確認画面へ進むボタンを押して手続きを進めます。

無事完了しましたと表示されるところまで行ったらドメインを紐つける作業は終わりです。反映されるまで数時間か1日程度待ちましょう。以後は紐づけたドメインへアクセスすると、Elastic IPを割り当てたインスタンスのサーバに接続されるはずです。

まとめ

Awsのec2サーバにお名前ドットコムで取得した独自ドメインを割り当てる方法いかがだったでしょうか?この作業は意外と簡単に出来るので、ぜひやってみてください。

 
お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

集中的な8週間のマンツーマン訓練で、最先端のAIエンジニアを目指す

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】

【WEBCAMP ONLINE】

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

ABOUT ME
gitackt
お金をかけないサバイバル術の記事を書きます。温泉と餃子が好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。