サバイバル

朝鮮王朝を作った革命家の物語!オススメ韓国ドラマ第1位「六龍が飛ぶ」

今回は、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」についてご紹介します。

あらすじ

六龍が飛ぶ(ノーカット版) DVD-BOX 第一章

高麗末期の朝鮮が舞台のドラマで、朝鮮王朝の成立を題材にしています。堕落した国家体制に不満を持った6人の革命家が、理想の国家を目指して奔走する物語です。登場するキャラクターが濃くて、とても魅力的なのが特徴です。

キャラ紹介

イ・バンウォン

後の朝鮮初代国王である北方の武将イ・ソンゲ将軍の息子。物語の主人公。めちゃくちゃ有能で革命を起こすために生まれてきたような主人公であるが、徐々に自分の理想と現実の間で葛藤することが多くなり悪に染まって行く。

チョン・ドジョン

革命の火付け役とも言える知将であり策略家。元々は高麗の政治家であったが理想の国家を目指して一人計画を練る。物語の核とも言える重要な人物。

プニ

バンウォンと惹かれ合う女性。行動力があり烏合の衆をまとめ上げるなどリーダーシップに優れている。トラブルに巻き込まれても機転のきいた行動で難を乗り切る。一言で言うと「有能」。

イ・バンジ

中国の仙人みたいな人に剣術の訓練を受けた実力名声共に最強の「朝鮮一の剣士」。主にチョン・ドジョンの護衛を担当する。プニの兄。

ムヒュル

バンウォンに惹かれ従っている剣士。天才剣術家ホンデボンの元で幼い頃から剣術を学んでいたため、イバンジに匹敵するくらい剣の腕は強い。バンウォンが中国の王様に会いに行った際、一度中国の軍隊に所属していた。それ以降戦闘力がインフレしてイバンジに並んだ。

ヨニ

プニとバンジとは子供の頃からの知り合いで、バンジとは惹かれあっている。花事団(ファサダン)と呼ばれる商団や遊廓?のようなものを運営する組織の中に潜入し、敵の諜報活動を行う。忍者みたいな存在。

感想

背景

まず物語の前提として、高麗末期は政治家たちが土地を独占し、裕福な家がより儲かって、貧しい民は苦しんでいたという状況があります。

この物語で革命の火付け役チョンドジョンは「土地を民に分け与える」というとんでもない案を出します。当然それまでのシステムの恩恵を受けていた人たちは、これに猛反発をします。

革命軍の戦力

革命の首謀者は一体誰か? 革命案を作ったのはチョンドジョンですが、革命の実際のリーダーはバンウォンの父親であるイソンゲ将軍でした。イソンゲ将軍は革命成功ののちに初代の王座に就きますが、イソンゲは北方の警備を任されており、ほぼ自治権すらありました。よって、革命の意思を持つものたちは、北方のイソンゲの軍隊を革命の根城にし、その機会を伺うことができたのです。

いくらチョンドジョンの案がいいものであったとしても、このような軍事力や環境がなければ革命は成功していなかったでしょう。

バンウォン有能すぎ

イバンウォンはこの物語の主人公で革命に大きな功績を残します。しかし、自分が権力を持つために残虐な道を選びました。朝鮮王朝が成立した後には、王から実験を奪おうとするかつての師匠チョンドジョンを排除したりして第3代の王位に就きます。

最初は頭が切れて政治や交渉ごとで才能を発揮していたバンウォンはシンプルに有能だったので、チョンドジョンもバンウォンの能力をもっといかせる仕組みにしてあげれば、よかったのではないかとも思います。

ムフュル覚醒

当初は明るく素直な剣士だったムフュルですが、度重なる戦いや変わっていくバンウォンのこともあって徐々に冷酷な剣士へと成長して生きます。中国の王様にバンウォンが会いに行った時、ムフュルは現地の軍隊に入りました。この出来事はムフュルの戦闘経験をさらに高めて、より落ち着き実力がました大人の戦士になりました。

まとめ

簡単にいうとスピード感のあるストーリです。それぞれの意思を持つバラバラのキャラクターが、同じ目的のもとに自然に集まり、物事を成し遂げて行く姿は、起業家のサクセスストーリーみたいな感じにも思えます。

既存の体制を壊した後、新しい枠組みの中でそれまでの仲間同士で争う姿は痛々しいですが、それもまた一興だと思えれば、この作品をより楽しむことができるでしょう。

高麗がなぜ滅んだのか?朝鮮王朝がどのようにして誕生したのか?について知りたい人にとっては、オススメのドラマです。

六龍が飛ぶ(ノーカット版) DVD-BOX 第一章

高麗後期の14世紀。辺境の咸州(ハムジュ)に暮らすイ・バンウォンは、
百戦百勝の名将である父イ・ソンゲのような強い男になることを夢見ていた。ところがある日、
初めて都を訪れたバンウォンは、尊敬する父が悪徳官僚イ・インギョムの圧力に屈した姿を見て絶望する。
そんな中、成均館の官吏チョン・ドジョンはイ・インギョム率いる都堂(トダン)三人衆の企みを暴き、明との戦を阻止。
その姿に感銘を受けたバンウォンは、都に残って成均館に入学する。時は流れ、6年後――。
<新たな国を建設する>というチョン・ドジョンの志を知ったバンウォンは彼を探し始め、
腐敗した高麗を終わらせるべく武術を極めたタンセ、重税に苦しむ村人を救いたいと願うプニ、立身出世を目指す剣客ムヒュルと出会う。
彼らはチョン・ドジョンの暗号と運命に導かれ、イ・ソンゲのいる咸州に集結。
やがて6人の勇者たちは、都堂三人衆を倒して新国家を築くという目標に向かって一つになるが…。

ABOUT ME
gitackt
お金をかけないサバイバル術の記事を書きます。温泉と餃子が好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。