チート確定!自己破産しても差し押さえられない金融資産は〇〇!

自己破産

借金が返せなくなった場合、自己破産という方法を使うことで負債をチャラにすることができます。

しかし、この方法を使うと自分が持っている価値のある資産は差し押さえられてしまいます。借金が無くなることを考えれば当然ですが。

差し押さえられる資産としては不動産、株式、債券、保険、預金などがあります。これらの高額資産は自己破産をした人のものでは無くなります。

差し押さえられないもの

とはいえ、全ての資産が差し押さえられるということではありません。差し押さえないほうが良いと判断された一部の資産は、自己破産をしても保有し続けることができます。

現金

差し押さえが免除される項目の一つ目が99万円までの現金です。ここでいう現金とは預金などは含まれず、現金として持っているものに限られます。自己破産しそうになったら、迷わず99万円を引き出しましょう。

差し押さえられない金融資産

差し押さえ免除の項目があるとはいえ、資産の大半を占める金融資産が差し押さえられることに変わりはありません。もし仮に差し押さえられない金融資産があるとすれば、自己破産しても資産をキープすることができます。こんな美味しい話が本当にあるのでしょうか?

あります。

自己破産しても差し押さえられない金融資産がひとつだけ存在するのです。

年金です。

年金は自己破産した者であっても差し押さえられることはありません。しかもiDECOなどの確定拠出年金に対しても差し押さえは行われません。したがって、iDECOの範囲内で投資信託を購入すれば、もし仮に自己破産することになっても、失われない資産としてヘッジしておくことができます。

https://xn--u8jvc1drbz972aywbk0by95ffo1aqm1c.com/bankruptcy/foreclosure-bankruptcy

https://fpsdn.net/csltg-case/cancel-dc/791

ただでさえ、iDECOには節税効果があるので長期で資産を運用していきたい人は必ず導入した方がお得な制度です。このようなリスクヘッジの観点からもiDecoの口座を開設しておく必要があります。

お勧め証券会社

SBI証券

iDECOを始めるならSBI証券がおススメです。手数料が格安、投資情報が豊富、取引の画面が使いやすい、口座開設が無料というようなメリットがあります。

更に!ネクシィーズ・トレードでお申込頂いた方にだけプラスで付く特典として、会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)、夜の時間の問合わせが可能 (SBI証券コールセンター8:00-18:00終了後も、夜19:30まで営業)、ネット証券が初めての方には、申込の注意事項、株の始め方、WEB画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方など口座開設からサポートが受けられます。

記事の内容は、2018年11月27日時点において個人で行った調査の結果です。より確かな情報を知りたい場合は。公的機関等に直接お問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

「お金をかけないサバイバル術」に関する記事を書きます。証券アナリスト資格(CCMA)を持っています。Ethereum信者です。温泉と餃子とv系バンドが好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。好きな言葉は「最小構成」