コンビニアイスのカロリーを比べてみた!第一回デブにならないアイス選手権!

アイス食いたい

  • 夏 → 暑いからアイス食いたい

  • 冬 → 寒いけどアイス食いたい

結局、人類は一年中アイスが食べたい生き物なんですよね。

「何だかんだ理由をつけてはアイスを食う」多分これは人間に遺伝子レベルでプログラムされています。とはいえアイスばっか食ってたら一瞬でデブになるのも人間の特性です。となるとやはり、

太りにくいアイスは何か?

について知りたいですよね。今回は、

「コンビニで売ってる130円そこらのアイスの中で最も太りにくいアイス」

を探していきたいと思います。(比較しやすいように、高すぎるハーゲンダッツや安すぎるガリガリ君などは対象外にしています)

選手一覧

ジャイアントコーン

  • カロリー266kcal
  • 脂質15.1g

ジャイアントコーンは結構カロリーが高いですね。クリーム系のアイス、チョコを使っているということから高カロリーになっているのかもしれません。ジャイアントコーンは味によってカロリーに違いがありそうですが、概ねこの程度でしょう。

スーパーカップ

  • カロリー380kcal
  • 脂質23.5g

スーパカップはかなりカロリーが高いです。同じ値段でも高カロリーなので、コスパがいいという点ではプラスの評価ですが、ダイエットの観点ではあまりよくないですね。安くて満足感のあるアイスの定番です。

チョコモナカジャンボ

  • カロリー302kcal
  • 脂質16.7g

ジャンボもカロリーが高いです。ジャイアントコーンと同様にクリーム系かつチョコ使用ということで高いカロリーになっています。他のアイスと違い、分けて人とシェアすることによって摂取カロリーを減らす荒技も使えます。

雪見だいふく

  • カロリー74×2=148kcal
  • 脂質2×2=4g

雪見だいふくは比較的カロリーが低いと言えます。大福の中身のアイス部分はスーパーカップのようなクリーム系ですが、やはりラクトアイスとアイスミルクの違いがあるのでしょうか?2つ入っていてこのカロリーならまあ許容範囲ですね。

アイスの実

  • カロリー111kcal
  • 脂質1.2g

アイスの実もカロリーが比較的低いです。シャーベット系のアイスなので、クリーム系のアイスよりは低カロリーだと思っていたのですが、意外と雪見だいふく並みのカロリーがありますね。まあたくさん入っているので満足感は高いと思われます。

ピノ

  • カロリー32×6=192kcal
  • 脂質2.1×6=12.6g

ピノは小さいのでつい食べてしまいますが、一個あたり32kcalと結構高カロリーです。一箱食べると思ったより太ってしまうかもしれませんね。でも個人的にはこの中で一番美味しいアイスだと思います。笑

パピコ

  • カロリー82×2=164kcal
  • 脂質2.9×2=5.8g

パピコはこの中では比較的低カロリーのアイスです。他のアイスと違って半分飲み物のような特徴を持っているので、つい2本とも食べてしまったりしてしまいますよね。

ビスケットサンド

  • カロリー235kcal
  • 脂質10.2g

ビスケットサンドはどちらかと言えば高カロリーに分類されます。脂質が多いですからね。チョコが入っていない分チョコモナカジャンボとかよりは低カロリーに抑えられます。

アイスボックス

  • カロリー13kcal
  • 脂質0g

アイスボックスは味のついた氷です。ほぼカロリーゼロです。あの量でこのカロリーはダイエット食品としてかなり優れているのではないでしょうか?太りたくないけど冷たいものが食べたい時の味方ですね。

まとめ

ランキング

  • 第4位 パピコ
  • 第3位 雪見だいふく
  • 第2位 アイスの実
  • 第1位 アイスボックス

太らないアイス選手権の優勝はアイスボックスでした。

アイスボックスでは物たえりないという方は上位のパピコや雪見だいふくを食べるのもいいと思います。ただ、アイスによって特徴や美味しさは全然違うので、たまにはカロリーを気にしないで、色々な種類を食べてみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

「お金をかけないサバイバル術」に関する記事を書きます。証券アナリスト資格(CCMA)を持っています。Ethereum信者です。温泉と餃子とv系バンドが好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。好きな言葉は「最小構成」