個人的にWordPressの新しいエディタは使いやすかった

WordPress 5

つい最近ワードプレスの最新バージョンがリリースされましたが、テキストエディタが大幅に変更されたことで、記事編集がしにくいなどの評判がありました。

しかし、実際に僕が使ってみたことろ新しいエディタGutenbergは比較的今までのものより使いやすいのでは?と思いました。

新しいエディタの特徴

新しいテキストエディタの特徴として記事をブロックという単位で追加していくという機能があります。

このような編集画面があった場合、

ブロックを追加という項目をクリックし使えるブロックの一覧を表示します。

使いたいブロックを選択したら以前のように見出し段落等を設定できます。

使いやすかった理由

今回のアップデートで記事編集画面は大幅に変わりました。なぜ僕はこのような急激な変化に左右されず、適応できたのでしょうか?

理由は簡単です。

今までのエディタで全然記事書いてなかったからですw

使いにくいのは今までちゃんと書いてきた人たち

当たり前ですが、今まで毎日ブログを書いていた人たちは、急にこんなエディタの変更をされたら今まで慣れていた分、戸惑いを感じるでしょう。

しかし、僕のように、たまにしか記事を更新しないほぼ趣味で書いてるブロガーとっては全く影響はありません。

よって、今までそんなにブログをゴリゴリに書いてきた人で今までのルーティーンを少しでも崩したくない人以外はWordpressをアップデートをしてみるのもお勧めです。

理由はシンプルに新しいエディタが使いやすいからです。

あ、書いてて今気が付いたのですが、現在の文字数が表示されませんね。これは痛い。

ABOUTこの記事をかいた人

「お金をかけないサバイバル術」に関する記事を書きます。証券アナリスト資格(CCMA)を持っています。Ethereum信者です。温泉と餃子とv系バンドが好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。好きな言葉は「最小構成」