運命ってのは絶対に存在すると思う

運命ってのは絶対に存在する

毎日何気なくやってる全ての事が俺たちを何処かへと導いてるのだと思う。

人生は紙一重

出来なかった事も運命

今日できた事、できなかった事、明日できるかもしれない事、ずっと出来ない事。全ての出来事は、自分の運命の場所に辿り着くために必要な道だと思ってる。

だから「今日できなかった事」は「今日出来てはいけなかった事」なんだよね。明日「できる」のが君の運命かもしれない。もちろん、毎日全力でできるかもしれない事に挑戦するべきだ。だけど出来なかったからといって、それで全て失敗したわけじゃない。君が今日できなかったという事には何らかの意味がある。それがわかるのはもっと先になるかもしれないけどね。

だから毎日全力でやってみるしかない。出来なくてもいい。本当にできる事はいつか絶対にできるから。出来なくてもそれが君の人生に必ず役に立つ。必ず感謝する時が来る。出来なかったってことも運命の一部だからね。

あの時あれをしてなければ、今は全く違うことをしていたかもしれないって思うことあるよね。人生は結構紙一重で繋がってることが多い。後から思い返してみれば危なかったと思うこともある。俺の場合、小学生の時に信号を見間違えてトラックが爆走する赤信号の国道16号線を渡りきった事がある。あれは後から思い返すと死んでもおかしくなかった。

そんなの後付け理論だろって思う人もいると思うけど、俺は運命で全て導かれていると思ってる。一見俺が自分で判断しているように見えるかもしれない。偶然そうなっているように見えるかもしれない。でも多分、そう思うことや偶然起きることすら運命で定められてるんだと思う。

立ち上がる事も運命

失敗しても運命だって思えば楽になる。もちろんまた立ち上がろうとすることも運命の導きだ。だから自分の直感を信じて今を生きていこう


と、言うようなことを言いたかった。

ABOUTこの記事をかいた人

「お金をかけないサバイバル術」に関する記事を書きます。証券アナリスト資格(CCMA)を持っています。Ethereum信者です。温泉と餃子とv系バンドが好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。好きな言葉は「最小構成」