スマホで動画を見る時に使える三脚付き自撮り棒の最強ライフハックを考えた

自撮り棒

自撮り棒とは、自撮りの距離感を出すために使われるマジックハンドのような長い棒です。自撮り棒の先にスマホを装着することで全員が画面に入る場所まで手を伸ばすことができます。自撮り棒には三脚をつけて固定できるタイプがあるのですが、今回は、その「三脚付きの自撮り棒の応用」として僕が普段からよく使っているライフハックをご紹介します。

スマホ視聴の問題点

皆さんはスマホでYouTubeとかを見る際、どのような体勢で見ていますか?多分動画を見るためにはwifiが必要なので家で見る事が多いと思うのですが、多くの方は以下のような2つの方法で視聴を楽しんでいると思います。

椅子に座って手で持って見る

スマホでYouTubeとかを見る際に一番よくありがちなのはこの体勢だと思います。普通に椅子に座った状態でスマホを手で持って(もしくは机に置いて)動画を見る方法です。この方法だと、どうしても猫背になってしまいます。姿勢が悪いので長い映画とかを見ると背中とか首が痛くて辛くなってしまうというのが問題点です。

寝転がって手で持って見る

続いて多いのがこの体勢です。ベットなどで寝転びながら、頭の上にスマホを持ち上げて視聴する方法です。この方法だと重力に逆らって手を上にあげるので疲れます。また、滑り落ちてきたスマホが顔面を直撃するリスクもあります。

このようによくあるスマホで映画を視聴するシチュエーションでは、背中や首が痛くなったり、顔にスマホが落ちてきたりと。。「なんとなく嫌」と感じる場面が多いです。スマホで映画を見るだけでも、手は疲れる、姿勢は悪くなる、顔面直撃リスクがある、など、様々な問題が存在するのです。

解決策

これら全てを解決する方法があります。これが今回お勧めする三脚付き自撮り棒のライフハックです。三脚付き自撮り棒を使えば、姿勢が悪くなることもなく、手が疲れることもなく映画を楽しむ事ができます。

例えば、椅子に座りながら隣に三脚を立ててスマホを装着する事で小さなテレビを見る感覚でスマホから映画を視聴する事ができます。大きなディスプレイに映像を出力しなくてもこれさえあれば正直物足ります。

おすすめ自撮り棒

こちらの自撮り棒は、三脚が付いてますが非常に軽量でコンパクトなので持ち運びにも便利です。家で動画を視聴する際にのみ三脚付き自撮り棒を使いたいという方以外でも、外で観光する際に普通にの自撮り棒としても活用することが出来るのでおススメです。

コンテンツ例

Abema TV

AbemaTVはサイバーエージェントが運営しているインターネットテレビ局です。アニメやオリジナルコンテンツが充実しているのでスマホで動画視聴にもってこいのコンテンツです。

Amazon prime Video

Amazon Prime VideoはAmazonが運営する動画配信サービスです。Amazon Primeという送料が無料になるサービスを利用している人が無料で視聴できるコンテンツが充実しています。

ABOUTこの記事をかいた人

「お金をかけないサバイバル術」に関する記事を書きます。証券アナリスト資格(CCMA)を持っています。Ethereum信者です。温泉と餃子とv系バンドが好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。好きな言葉は「最小構成」