プログラミング

AWS活用法!Amazon Lightsailを使えば月額3.5ドルでサイト運営できる

サーバ代節約

Webサイト運営で必ずぶつかる問題はサーバ代などのランニングコストです。

サイトを公開し続けるためには、お金を払ってドメインを取得したり、レンタルサーバー・VPSを借りる必要があります。企業の開発で予算がある場合は、こんなケチなことを言わないでパフォーマンスを追求するべきですが、個人開発において、サーバ代を安く抑えるということは死活問題であり、長くサイトを運営するための重要な要素となってきます。

今回は、Amazon lightsailというサービスを使って、最安でWebサーバを立ち上げる方法をご紹介します。

サーバの種類

サーバの種類は大きく分けてレンタルサーバーとVPSがあります。レンタルサーバーはコンピューターの一部をレンタルするイメージですが、VPSはコンピューターの中に作られた仮想マシンを丸々レンタルするイメージです。VPSを使うことで管理者権限でインストールが行えたり、細かいサーバの設定をすることができます。

WordPressでブログを作りたいとかだったらレンタルサーバーで問題ないのですが、Railsでwebアプリケーションを作りたいとかの場合、必要なライブラリをインストールしたり、サーバを構築したりする必要があるのでレンタルサーバーではダメです。今回はVPS的な使い方を中心にお話を進めていきます。

AWSとは

AwsはAmazonのクラウドサービスです。有名なのはEC2サーバやS3ストレージなどがあります。EC2サーバは従量課金のVPSみたいなイメージです。大体、東京リージョンEC2サーバの一番安いインスタンスでサイトを運営すると、毎月10ドルくらいで運営できます。確かさくらのVPSの一番安いプランでも600~700円なので、単なるサーバとして使うのであれば少し割高な気がします。

Light sailとは

一方でamazon lightsailというサービスもあります。EC2が従量課金だったのに対して、こちらは固定月額制です。制限範囲を超過した分は従量課金になりますが、それ以外は従来のVPSと同じようなサービスのAWS版と言えるでしょう。正直に言って、このサービスは神です。何より価格が安い。一番安いインスタンスで月額3.5ドルで運営することができます。一ドル110円で考えても400円行きません。同じくらいのスペックを持つさくらVPSと比較しても半額くらいです。サーバの性能にこだわらなければこれを使わない手はありません。とは言え、毎月1TBくらいの通信が可能だったり、ストレージも結構あったので、性能的にも問題は無いと思います。あとシンプルに早いです。

月額1500円のさくらレンタルサーバのWordPressプランを使っていた頃は、レンタルサーバーだから表示速度が遅い上、大容量プランにも関わらずそんなに使用してなかったので無駄が多かったですが、lightsailサーバにしてからは表示速度が大幅に改善し、ストレージ的にも十分余裕があるのでおススメです。ちなみに二番目に安いプランだと2TBの通信容量で月額5ドルです。安い。

メリット

インスタンスが豊富

Lightsailは選べるインスタンスやイメージが豊富です。シンプルにcentosのサーバを立てることもできるし、ワンタッチでWordPressやLAMP環境が整ったインスタンスを立ち上げることができます。WordPress環境の場合、bitnamiとかいうのを使っているためサイト画面上によくわからないバナーが表示されるかもしれません。これは手順に従って作業を行えば消すことができるので特に問題はありません。

スナップショット

Laightsailはスナップショットと呼ばれるインスタンスの状態をそのままバックアップする機能が付いており、インスタンスのサイズを変えたくなったり、EC2サーバに移行したくなってもスナップショットを撮っておけば、新たにサーバを構築する手間が省けます。この点は他のVPSサービスやレンタルサーバーとAWSの大きな違いで、AWSというクラウドサービスのメリットでもあります。仮にさくらVPSで構築したり環境を別のサーバに移すとすると、ぼくの知る限りでは新しいサーバに全く同じ環境を構築する以外に方法はありません。WordPressであればAll in One WPMigration等のプラグインを使用して移行が可能ですが、レンタルサーバーもほとんど同様です。それに比べてEc2やlightsailはインスタンスを立ち上げさえすればいくらでも増やせるし、移行も簡単です。lightsailの場合はスナップショットを撮ってそれをそのまま新しいサーバで読み込めば前のサーバと同じ環境がそっくりそのまま実現します。(ぼくの認識が正しければ)

デメリット

デメリットというか、VPSですのでそもそもサーバ構築の知識が必要になります。nginxとかでWebサーバ立ち上げられないとかlets encryptで常時SSL化できないと言った基本的なサーバ構築の知識がない人にはオススメできません。初心者の方はレンタルサーバーを借りるのがおススメです。とは言え簡単に使えるイメージも多く用意されているるし、インスタンスの起動や停止は簡単に行えるので、自信が無い人でも一度くらい試してみるのもいいかもしれません。

最後に

Amazon lightsailは最安でWebサーバを作りたい人向けのサービスです。lightsailの存在が個人開発の大きな助けになるのでは無いでしょうか?

ABOUT ME
gitackt
お金をかけないサバイバル術の記事を書きます。温泉と餃子が好きです。プログラミングが得意です。趣味はメルカリです。